忍者ブログ
男の料理研究家 佐藤道尚があれこれ試行錯誤して作るレシピを中心に更新していきます。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

28f10135.jpg何が『スパニッシュ』なのか?

上にかけたトマトソースがスパニッシュという雰囲気を醸し出しているのだ。

それはさておき、何もかもをかなぐり捨てて思いっきり肉にむしゃぶりつきたいときがある。

そんなときに一番分かりやすいのがこういうジャンボハンバーグだ。

先日のカツ丼もよかったが、今回のように600gの肉塊はやはり壮観である。

まぁあまりに壮観過ぎて一度で食べきれないので、2回に分けるのだが。
PR

873adf23.jpg基本的にブリ大根と作り方は同じだ。

下ごしらえが違うくらいだ。

ブリは臭みをとる工夫が必要だが、豚ならそれほど必要ない。

問題は、今回モモ肉を使ってしまったことだ。

モモ肉は硬くなるので、煮物には向かない。

さっと焼くか揚げるかして食べたほうが美味しかったと思う。
f9d8efc4.jpg
実はディチェコのパスタを10kgほどまとめ買いしてみた。

まとめて買うと、店で買うより半額以下で買えるためだ。

おかげで、しばらくはパスタ三昧の予感がしている。

少々太めの麺なので、濃い目のソースじゃないと合わない気がするが後の祭りである。


79880c55.jpg
色合いがあまり美味しそうにならなかった。

春キャベツの淡い緑色を生かすには、もう少し後に入れるとか、塩茹でなどして色を鮮やかにして最後に入れるとか、工夫が必要そうだ。

ただ、粉チーズを入れたのは正解だったと思う。

コクが出て美味しかった。


b01ffd31.jpgソイミートというものがある。

大豆を加工して乾燥させたもので、味付けをするとお肉のような食感が楽しめるという謳い文句のとてもヘルシーな食材だ。

今回、そのソイミートを使って、麻婆豆腐にチャレンジしてみた。

ところでこの料理も実は『中華一番』という漫画の第1話で作られた料理のオマージュだったりする。

いろいろと作り方を参考にさせてもらった。

結論として「普通に挽肉を使ったほうが、楽だし美味しい」という身も蓋も無い結論になったのが勿体無かったが。

余ったソイミートは、挽肉に混ぜて嵩を増やすときなどに使おうと思う。


男の料理研究家 佐藤道尚の美味い料理万歳
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
佐藤道尚
性別:
男性
趣味:
料理
自己紹介:
揚げ人と申します。
揚げ物を作っているときに、この名前がひらめいたので使っていますが揚げ物以外も作ります。

▼▽よく利用するお肉屋さん▽▼ 豚タンの塊とかを買うときに
お世話になります

▼いつか欲しいダマスカス包丁▼
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
お世話になっているお店