忍者ブログ
男の料理研究家 佐藤道尚があれこれ試行錯誤して作るレシピを中心に更新していきます。
[76] [75] [74] [73] [72] [70] [69] [68] [67] [66] [65]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


<スポンサードリンク>


▽▼▽美味しそうだと思ったらクリックお願いします▽▼▽


人気ブログランキングへ
▲△▲美味しそうだと思ったらクリックお願いします▲△▲


鶏マヨ等鶏胸肉で鶏マヨを作ってみた。

マヨネーズが足りなかったので、卵黄からマヨネーズを作るのにも挑戦することになった。

卵黄一個あたりとんでもない量の油を入れることがわかり、戦慄することになった。

マヨネーズ、恐るべし。

あと、油と卵黄の温度を合わせて、しっかり混ぜないとすぐ分離するので気をつけよう。


また、鶏胸肉は熱を通しすぎると硬くパサつくので火の入れすぎに注意が必要だ。

とはいえ、生焼けも気をつけねばならないので意外と難しい。

うまい具合に火が通ると、ジューシーで美味しく出来る。

コツがあるとすれば、肉は厚く切り過ぎないことと、火が通ったと思ったらソースは手早く絡めること、だろうか。

またチャレンジしてみたい。

<スポンサードリンク>


【鶏マヨ】
【鶏マヨ】材料
・鶏胸肉 1枚
・卵白 1個分
・片栗粉 大匙2
・塩 小さじ1
・オリーブオイル 大匙2

(マヨネーズソース)
・卵黄 1個分
・オリーブオイル 180ccくらい(出来るまではさらに追加して入れる、すぐ出来たら余ってもいい)
・酢 大匙1
・塩コショウ 大匙1
・ケチャップ 大匙1

1.鶏胸肉は皮を剥いで、3等分してからそれぞれ斜めにそぎ切り
2.卵白、片栗粉、塩をボウルに入れよく混ぜ合わせ、鶏肉を入れてよく絡める
3.室温に戻した卵黄と酢を少し大きめのボウルに入れて、オリーブオイルを少しずつ入れながら泡だて器でまぜ合わせる。粘度が高くなり、もったりするまで油を足していく。最後に塩コショウで味付けして完成
4.ケチャップをマヨネーズに混ぜる
5.オリーブオイルをフライパンにいれ、中火にかけて温める。温まったら、肉が重ならないように鍋肌に焼き付けるように並べていく(ここは、面倒でなければ油で揚げたほうが衣がしっかり付くのでいい)
6.両面ともしっかり衣が固まり、火が通ったら弱火にして4のマヨネーズソースを入れて肉と絡ませる
7.熱を通しすぎるとマヨネーズが分離するので手早く絡めたら、すぐに皿に盛り完成。ジューシーウマー

【砂肝焼き】
砂肝焼き材料
・砂肝 1パック
・塩 小さじ1
・日本酒 大匙1
・塩コショウ 適量

1.砂肝を適当な大きさに切り分け、塩を振り10分ほど置く
2.ドリップなどが出たらふき取り、日本酒と塩コショウをふりかけ、アルミホイルに並べ、トースターで7~10分ほど焼く
3.皿に盛り完成。コリコリウマー

【白菜とベーコンのスープ】
材料
・白菜 1/4個
・ベーコン 100g
・もやし 1/2袋
・マギーブイヨン 1個
・塩コショウ 適量
・水 1L

1.白菜は洗ってから適当な大きさに切る。ベーコンは2mmほどの薄切りにする
2.鍋に水を張り、白菜、ベーコン、もやしを入れて火にかける
3.煮立ったら中火にして10分ほど煮込み、マギーブイヨンと塩コショウで味付けをして完成。熱々ウマー

PR


▽▼▽美味しそうだと思ったらクリックお願いします▽▼▽


人気ブログランキングへ
▲△▲美味しそうだと思ったらクリックお願いします▲△▲





● コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


男の料理研究家 佐藤道尚の美味い料理万歳
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
佐藤道尚
性別:
男性
趣味:
料理
自己紹介:
揚げ人と申します。
揚げ物を作っているときに、この名前がひらめいたので使っていますが揚げ物以外も作ります。

▼▽よく利用するお肉屋さん▽▼ 豚タンの塊とかを買うときに
お世話になります

▼いつか欲しいダマスカス包丁▼
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード
ブログ内検索
お世話になっているお店